スパイスの効いた本格インド料理

カレーやタンドール料理以外にもインド各地の郷土料理がいろいろありますが、そのどれもがスパイスなしには成り立ちません。

それぐらい、インド料理にはスパイスが重要な存在になっています。
インドでもレストランとは違い、家庭ではあまり多くのスパイスは使いません。
それでも、 一般家庭のキッチンにも少なくとも15種類以上のスパイスがあります。
これらの スパイスは、単に料理の味や香りをスパイシーにするのではなく、身体や食感を刺激しすぎないようにマイルドにするために使用しています。

スパイスを利用した料理と効能

インド料理で欠かせないものといえばスパイスです。
何種類ものスパイスを使う一番の理由は、 体に良いからです。 スパイスを食べると元気になります。
また、スパイスには、香りや味付け以外にも、ご飯を食べ過ぎて胃がもたれた経験を持つ日本の人は多いのではないでしょうか?スパイスには、胃を刺激して消化を助ける働きがあります。 また、身体を温めて血行をよくする作用もあります。その結果、胃腸の働きが活発になるといわれています。

食にこだわる、安心安全のハラル料理

ハラルとは主にイスラム法上で食べることが許可されたもののことを表します。
例えば豚を除く牛肉等の畜肉の場合、与える飼料、屠殺方法にも厳格な決まりが あり、アッラーの教えの通りに血抜き処理が施された食物しか食すことが許可されておりません。
オーガニック並に厳格な基準をクリアした物がハラル料理と言えます。